きーすギター備忘録

ギター関係の個人的手記。主観メイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Edgeのテフロンワッシャー、ナイロン・ブッシュ

今日は、テンションコードの使い方がわかったのと、長年探し求めていたJEMのブリッジ、Edgeのアーム用ブッシュが見つかって幸せ。

テンションコードは
このサイトhttp://www1.ttcn.ne.jp/~sophia-c/koza.htm
で9thって7thつかってればいつでも使えるんだー!って思った割とすぐ、
ずっと循環コード進行の丸サをやる機会があったので試してこりゃーいいと思ったまで。





で、さっさと切り上げて
次タイトルにも書いてある後者、本題

VaiモデルとかJSモデル持ってる人くらいしかわからないと思うが
これらに搭載されてるトレモロブリッジは、今Ibanez RGやらに搭載されているフロイドローズとは結構違う。ちょっと旧式。
今はEdgeうんたら、みたくバージョンアップされたものになってる。
でこれアーム固定用のネジやらがついていない。
代わりに、テフロンワッシャー(?)とかいう滑り止め付けるのだけど、
これが消耗品な上に公式で売ってない。
消耗すると、つるつるになって、アームが重力に従ってすぐ下に行く。
んで、新しくアーム買うにも7000円(^_^;。そんなのかってすぐ消耗されたらたまらん。

そうそう、これの白いとこがテフロンワッシャー(?、名前合ってるのか微妙)

JEMやJSモデル使ってる動画投稿者は割といるけど、アームがぶらぶらしてないのは本人らくらいな気がする。
皆同じ問題にぶつかってるんだろうなあって実感する。

これなんでわざわざ旧式使ってるかっていうと、きっとアームの感覚がかなり違うのだと思う。本人らはそれを変えたくないんだろうな。
実際使って見てる感覚として、ストラトのブリッジやウィルキンソンと比べても全然柔らかい。ぶらぶらしちゃうのはマジでダメすぎるが、この柔らかい感覚はとてもいい。あと抜き差しもしやすい(Vaiとかアーム抜く必要のある奏法があるし、これも大きいんだろうな)





でぶらぶらしちゃう対策にもどり

諦めてた時期もあったけど、色々試行錯誤はしていて、
ホームセンターで水道用の小さい輪っかのゴム(なんて言ってもわからないと思うけど)やら、細いゴムの管とか形の似たものやたら買って試したりしたけど全然うまくいかなくて、最後どこかのブログに書いてあったように瞬間接着剤を薄く塗ったりで解決したかに思えたけど、効き目が切れるのが早いので悩んでた。



でまた、久しくブログをあさったらでてきたじゃないか。


情報元に断らず勝手に書いちゃうようであれだけど
http://www.monotaro.com/g/00402930/
これの6が合うらしい。まだ試してないけど。

うほほほーい。早速買って試すぜ!






追記(2014/5/19)
やってみました
サイズは確かにばっちりですが、いまいち滑り止めにならずまだくるくる回ります
ちょっとアバウトな高さかつ100円ショップのニッパーで切ったのもあまり良くなかったと思いますが、そこまで関係ないような。


もうちょっと試行錯誤をしまーす

スポンサーサイト
オプション用品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

弦交換やら、Cleartone

最近G&L S-500のチョーキングする時のフラストレーションが半端無いので弦交換してみました



かれこれ1,2ヶ月エリクサーのNANOWEB?,POLIWEB?使ってたんですがホントにコーティングが剥がれない。
ツルツル感が嫌いという人もいるけど、個人的にはいつまでたってもスライドがストレスフリーにできて最高でした。

劣化はあまり感じられなかったのですけど、まあ1,2ヶ月ずっと使ってるし、変えたらチョーキングのしやすさやら、古い弦はフレットに対して良くなかったりするのかな、など考えて、そろそろ変えてもいいかなって感じで変えてみました。



Cleartoneってやつ
今回僕が使ったのはCleartone 9409

http://www.amazon.co.jp/Cleartone-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3-9409-Ultra-Light/dp/B0009FC964/ref=pd_rhf_dp_s_ts_1_10WT
ですね

コーティング弦のはずです。



しかし、不良品なのかもしれないけど、3,4時間弾いただけで1~3弦のメッキが剥がれてなんかひどい。
アーニーボールを間違えて袋に入れちゃったんじゃないかってぐらい
別に薬品手につけて弾いてたわけじゃないですよ




この弦、買ってから2ヶ月たってるけどどうにかならないかな。





つか、ギター修理出してるお店と同じで色々めんどくさ






ギターの調子が悪い件については次回。

オプション用品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

買いたいリスト

PALMER PDI-09


ギターダイレクトボックスにスピーカーシミュレーターがついてる物
これがあれば、好きなエフェクターで楽に宅録ができるぜ!





あと、
t.c.electronic Nova System


これをアンプセンドの後につければ、音質、機能的にかなりいい物になるはず
アンプ前にwahと歪みだけは持ち込むけど、これで最小で最良に近い装備が望めるはず!
突飛なことを臨む時はその都度コンパクトを持ち込めばいいと思ってる。


あと一つ気になる点があって、
一つドライブ回路がアナログで音はいいのだけど、個人のTC持ってる方のブログ記事によるとどうも歪みエフェクトoff時にもクリーンで音が歪んだりするらしい
これはoffにするだけでなく、driveを0にしないといけないみたいです

歪みはアナログだし回路的にちゃんと分岐できないのだろうかと思うところ。
騒がれた割にその後のアップデートでも無視されてるみたいだし。



まあこれは設定させ気をつければ、利便性には支障ないでしょう。
あと、アンプセンドのあとでラインインプットつかう分には歪み回路自体を無視してしそうだから、問題ない気がする。どうかな。





あとはレスポール系のギター
コイルタップでもいいからクリーンが綺麗なヤツ。歪んだのも結構いいぐらいのが欲しい。

こないだみたギブソンのSignature Tはなかなか良かったなあ
見ただけで試奏してないけど

あとhagstromのultra swerdのabsolut vodkaってのも注目してる
これは海外版amazonあたりから輸入するしか無いけど買いたいなー



昼飯できたみたいなんでここで!

オプション用品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ペグの取り付け

一昨日のこと
実家にあるGrass Rootsのレスポールモデルのペグがグラグラしてて、チューニングが安定しなかったんで、ナットを回しなかなか安定しないなあ、さらにペグを回し続けたら


バキ!!

って音がなって、閉まるどころか、ハマリもしなくなってしまったんです…笑




というわけで、きのう御茶ノ水イシバシでペグかって今日はペグを取っ替えました。
実家にはこれと、1万円の初心者向けストラトがあるくらいなんで、割と大事にしてます


ペグとっかえるのは初めてでした
つか最近やっと自分でオクターブチューニング調整するの覚えたぐらい
いじるのに関してはホントにペーペーです


せっかくなのでロックペグ装着




これをつけました
ゴトーの、SG301-MG-T
ゴトーマグナム

早くギター弾きたかったから小売店で買ったから10000円したけど
サウンドハウスとかで買ったらもっと安かっただろうなあ…
ちょっと痛いですこの出費


でもこのタイプはマグナムロックって書いてあるんですけど、
MG-Tの"T"、トラッドタイプでスパーゼルとかみたく
ペグ穴に弦通してから、裏についてるノブを回して固定するタイプみたいです

買ってから気づいたんですけどめっちゃ便利です
普通のマグナムロックをあんまり知らないんですけど、弦を上からネジ回してつけるとか面倒なことはしなくて平気です。
弦交換はスパーゼルと同様に簡単に出来ます
MG-Tはおすすめ!

弦交換の面倒くさい下宿先のJem7vwhにも付けたいなあ
これはもともとゴトー製のペグなんで多分ネジ穴位置も変えずに済むし。



ただ最近スパーゼルからは、イージーマウントって言ってネジ穴さえあけずに付けられるペグが出たみたいですね
下宿先に最初からスパーゼルのロックペグがついてるストラトがあるんですが良かったので
これもネジ穴の位置わからないときに使ってみたい
ちょっと高価ですが、ペグ交換したことない人にもおすすめだと思う
工具ほとんど要らないし






というわけで

初めが


取り付け前表
取り付け前裏









取り付け後は

取り付け後






はい、ペグが斜めってます

あまりお金もないし帰省中に家でつかうぐらいのものなんで、見た目にこだわらず、ドリルを使うのはちょっとめんどくさかったので、ネジ穴は前のを流用しました←

雑ですねf(^^;

でも演奏上は問題ないです





あと留意した点は
・ペグ穴径を変えなくて済むようにすること

 最近のギターはだいたい10mmらしく、ゴトーやスパーゼルは10mmらしいんですね。シャーラーやグロバーも10mmっぽい
 ソースはここ
 http://www.stewmac.com/shop/Tuners/Guitar,_solid_peghead_tuners/1/Gotoh_Vintage-style_Oval_Knob_Tuners_6-In-Line/Specs.html#details



あとは、今回は留意しそこねてたんですけど
・ネジ穴の位置も変えない

対策は
メーカーを変えないかつ同じ形状のペグを使う。ゴトーのペグで、番号が同じならだいたい大丈夫なはず。
画像見てネジ穴の場所を確かめて、近そうなペグを選ぶ
スパーゼルのイージーマウントをつかう

あたりですね


変なことやって壊したくないですからね
工作的な作業はできるだけ触れたくないです
工房もってくのがベストなのは知ってるのですが、お金もないので、安全な範囲で自分でやるようにしてます


あとは、レスポールみたく両側につけるタイプと
ストラトみたく片側につけるタイプと分かれてるので、それは注意しないとペグ6つ中3つの取り付けができなくなります。



とりあえずこの3つさえどうにか出来れば、作業は簡単です







というわけで、
なんとかドリルやら使わずに無事作業終了しました笑





必要な工具は

ネジ回し

ナット回し


だけ!笑




ネジ穴を動かす人は、とりあえずドリルが欲しいところでしょうね
さらに埋めるとなったら、細い木の棒と接着剤やら…(詳しくは下に書く参考ページにて)
お金もないし、超めんどくさがりなんで僕はやらない(´-`)



あと今回参考にしたのが
http://port.rittor-music.co.jp/guitar/magazine/mgtu/20973.php
についてる動画です

オプション用品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。