きーすギター備忘録

ギター関係の個人的手記。主観メイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今日の練習(+完成形ボード1)

あれからライブやら+突如ライブが決まって野外演奏してきたりとか、さらにバンドが増えるなり色々あったが、書く時間もないのでまた今度。

野外演奏した方のバンドは最近増えつつあるアニソンバンドの一つ、ライブ日に突然サブギターが消えたりとかあったけど、結果上手い人ばかり残ったしそうでなくてもいいバンドだと思った。

ギターセッティングは出音は使える音になった。Amt B1にkeely TSDXのHotをプラスしている(どっちもドライブは9時程度)。そこにNova SystemのNoise reductionを絶妙にかけてる。これセッティングを変えるとNRをちゃんと考えななおさなきゃいけないタイプだが使える。

Amt B1。ハイさえ上げすぎず、アウトプットを間違えなきゃなければ結構すぐいい音出るよ。インプットに入れるならCab outだね。抜けもいいし、しっかりドライブする。ストラトでここまで出来たら満足。
でも、素人耳にはそんなに問題ないが、ピッキングした時の音がない(?)というか、そんな感じで、出来れば変えたい。高音で2音の和音を鳴らすとなんか物足りない。

これはBognerの特性なのか、Amtが使ってるJETTやらパーツの特性なのかよくわからない。
前者ならAmtのどれかに変えれば問題ないけど、後者だとB1のCab outやOutputの電圧(?)って多分ちょっと特殊で普通のコンパクトとは違うだろうことを考慮するとあまり代わりがなくて、どういうのに変えればいいのかよくわからん。加えて、プリアンプ的特性を考慮してNova SystemのLine input(本来アンプのセンドリターンに挟むときに使う)に突っ込んでるからこれも変わってしまうと、音が本当に変わってしまうだろうな。

SS-11とか?間違いないだろうけど、高すぎるわ。

どんなプリアンプ系エフェクターがいいのかな。ちょっと考え中。







まあとりあえず一つ完成形ができたと思うので
写真 (5)

ギター(今回はG&L USA S-500)

ブースター(歪みプラス):TSDX FLEXI 4x2(Keeley )

ワウ :chi-wah-wah(Plutonium )

チューナー :Pichtblack(korg) ※ライブではPolytune noir

プリアンプ :B1(Amt Electronics)

ボリュームペダル :FV50 L(BOSS)

Nova System(Tc Electronics)
ノイズリダクション、空間系、ディレイ、ピッチ系、リバーブ、ブースター(音量を上げる)


※そういや、ノイズリダクションもつけてるし、ボリュームペダルじゃなくて、エクスプレッションペダルにすることが割と必須かもしれんな。ワーミーにもできるし。
買ったには買ったので、近いうちにキャリブレーションしてつけよう。
買ったのはKorg Exp2。スペックで小さく出てたから買ったのに大きさはBOSSFV50とほとんど一緒。
ただシールド差し込む位置の問題で、今のボードに入れづらい…



Polytune noir(miniと機能は同じ)まで買ったのに、結局、結線すると今のエフェクターボードには入りきら無いのでした
つかしなくても、ボリュームペダルを横に立てたりしなきゃしまえないし。

エクスプレッションペダルで小さいのがあれば夢が叶うんだけど(笑)
誰か作ってくれないかな。切実に。
物理的には可能だと思う。回路的には難しくないように思う。どこかの製品を転用して作ったらきっと安く作れると思う。エクスプレッションペダルなら音質的考慮も要らないし。
ただ僕はそんな技術はない。
普通のコンパクトぐらいの大きさで普通に使えるやつ作ってくれたら、1万くらい出すよマジで。



で詳細


・Keeley TSDX FLEXI
D:9~10時,L:10~12時,T:適宜,Mode;Hot,Gain Swich:Down
いわゆるケンタウルス的使い方してるつもり。ミッドブースターっていうのかな。
コンプレッション感というのだろうか、あれが出るまでB1だけで歪ませるとかなりノイズがでるので、どうかなーと思って歪みとクリーンの切り替え面倒くささに役目を失ってたこいつをもう一回投入。

とても良い感じになりました。ノイズは増えずに、周波数密度が高くなるような感じ。
ただ、結構広く使えるエフェクターなので、逆にブースターとしては設定がシビア。数値が高いとすぐノイズを発生させてしまう。
今度はクリーンでもつけっぱなし前提、歪みをほとんど感じない程度の数値なので、クリーン⇔歪みの切り替えも楽ちん。
いい音だから録音して紹介したいわ。

ケンタウルス的使い方できるものって高品質ってイメージがある。その次でしっかり歪ませるので、あまりノイズ発生させられないし。


・Plutonium chi-wah-wah
 設定はどれもフラットぐらいだと思う。contourはフルにすることあり。

小さいがために導入したワウ。

小さいワウを買うなら選択肢は2つあって、Amt WH1かPlutonium Chi-wah-wah。
前者はCry Babyみたく完全に踏み込むとオンになるもの。設定は、コントロール系は強調域を3段階に設定するのみ
後者はMorleyみたくスプリング入ってて、踏み込んだ瞬間音になるもの。設定は、レベルと強調度の設定,強調周波数の拡大度の設定(強調周波数の中心をずらすことはできない)。

僕はIbanezのWeeping Demon使っててモーリー的な方が好きなんで、チワワにしました。

音は不満ないですが、WDの方が圧倒的に操作性も音作りの自由度も広いし、オフになるまでの時間やペダルの角度など細かい設定もできるし、まだつま先だけで操作するのに慣れないのでWDがいいなあ。

TSDXの後に入れたのは、ちょっとエグくかかって欲しいため。
でもB1よりは手前。完全に歪の後に入れると逆に完全効果音みたくサラサラな音になっちゃうんだよな。Phaserみたいな。
どこまで効果出てるかは微妙。




Amt Electronics B1 
LOW:12時前後,MID:2時~ほぼフル,HI:7~10時
Level:9時前後,G:9~12時

位置づけは、アンプのプリアンプと仮定してる。
B1のHIGHは、結構かかりがいい+ただでさえシングルコイルなので低めで十分。足りないと感じるのはアンプのイコライザーが使える時なので大抵そっちで設定する。ほぼ無いけど。
MIDは高め。適度にMid上げるとアンプの歪みっぽくなるよね
Lowは適宜。こもらない程度。ベースとかぶってるから下げたほうがいいとか、っていうのは上げすぎなければ多分ストラトには必要ない。
Levelはクリーンと音量差がないように設定。Gainとの兼ね合いだけど、これのGainは途中からあまり音量が上がらないのでだいたい9時前後で固定。
Gainは、12時以降にするとシングルコイルではハウってしょうがないのでこんなもん。パワーコードでコンプレッション感とそこそこのサステインが得られる+ハウらない程度まで上げる。その上手い範囲に収められたらいい音する。もしくは多少ハウるか、コンプレッション感無いの、どちらか妥協するか。



BOSS FV50 L
基本、ミュートのために使う。これで多少ハウっても安心だ!チューナー使ってもいいんだけど安心感が違う。
アタック音を省いて、だんだん音が音が大きくなっていくというような使い方もできる。


Nova System
よく使うのは、ブーストとノイズリダクション。
プリアンプ後に置けるローインピーダンス系の音量いじる系エフェクターって、ボリュームペダルしかないのでこの位置でのブースターは貴重。他のマルチだとそれだけのためにプリセット一つとられるので、こうもブースターが独立してるのは非常に魅力的。
ノイズリダクションもこれと同じようにプリアンプ後に使えるものを探したらなかなか無い気がする。加えてノイズリダクションに関してはデジタルで保存できるのは大きい。
ただ設定は結構シビアでめんどいが、演奏中のオンオフは出来ない。使うならちゃんと設定してからじゃないと使えない。

まあこれらだけでもこいつを持ってく意味としては十分だけど、
勿論空間系やリバーブ、ディレイがコンパクト感覚で使えるってのはいいよね。
リバーブとかアンプにはついてるけど、手持ちのエフェクターについてると安心感違うし使うこと前提で演奏を組み立て易い。

ただ、一回に2つ以上エフェクトを素早く変えるのはG-Switchが必要(?)
ほか、それ無しでプリセットを足で切り替えるのは押しっぱなしが必要で、切り替わるのにも結構時間かかるみたい。1~3秒くらい。

ただ、ボードをコンパクト(かつ万能)にするために小さめのマルチを買ったのであまりGswitchとか導入したくないんだよね。設定もあるし。


そんなわけでエフェクト別にオンオフするのが常態化しやすいので、とりあえず、コンパクトエフェクターが詰まってるという感覚で使えるマルチだと思う。





で本題
眠いので本題のが短くなりそうだけど


今日はビックバンドでやる曲を練習してたのだけど、
2~4弦を使うコードの裏打ちで、人差し指でミュートしたつもりでも場所によっては1弦のハーモニクスが出てしまう。これがわりと目立つ。

たとえば、2弦から898(Em7♭5)や、565(A7)

対策としては弦押させてる人差し指の向きを変える。
ここでは人差し指をネックに対して垂直に並べていたのをヘッド側に指の根元を持っていったようなフォームにするなど。

加えて人差し指はかなり寝かせる(かな、こっちはしなくていいかも)

前者はかなり目立っていたけど、これでかなりどうにかなる
後者は逆かも。若干ボディ側に傾けるまでいかないでも意識した方がいいかも。


こういう対策になると結構場当たり的に考えていかなきゃならないなあ。




ああ、今日中間テストだぜ。何やってるんだか。おれはorz。

スポンサーサイト
練習 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。