きーすギター備忘録

ギター関係の個人的手記。主観メイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Nova Systemバックアップ、ロードの方法

修理に出すので、バックアップをとった。
しかし、MIDIなんてわからなかったし(今もよくわかってないけど)、使ったこともなかったのでなかなか苦労しました。
tcに送るためのダンボールとプチプチが部屋の中央を陣取ってから、一週間弱経ってしまった。

以下説明だけど、その前に一応公式フォーラムでの動画と説明(英語
http://dl.dropboxusercontent.com/u/3142621/Backing_up_presets_with_Midi_Ox_on_PC.swf
http://forum.tcelectronic.com/topic/9921/how-to-backup-your-nova-system-user-presets-with-midiox-instruction/


見てもよくわからんかったので、自分でやりました。
ちょっとだけ参考にしたけど。


では以下本題。





・今回使ったもの

-Nova System
-UM-ONE-MK2(ローランド):MIDI、USB接続兼変換ケーブル。
-MIDI-OX:midiのドライバーソフトっていうのかなこういうの。
TC自身がNova Systemに使えるとして紹介しているフリーソフト。
詳しいことはよくわからんけど、Nova SystemのMidi情報を受け止めて認識したり送ったりするのにはこれが必要です。
まあ、同じようなことができる他のMidiソフトでも大丈夫だとは思う。




・手順
-準備編
 1・um one mk2のドライバーソフトダウンロード(なかなか認識してくれなくて大変でした。しかも失敗するたびにアンインストール、自動再起動でめんどくさかった!(;--)説明書の通りウィルス対策ソフトを無効にしようとして失敗しつつ、そっちは成功しないままいじっているうちになぜか認識するようになった。多分あってる。再現性がないけど、一回インストールできればいいし)
 2・MIDI-OXのダウンロード、インストール
  サイトはググってください。落とすものさえ分かっていれば、特に悩むことなし。


そうそう、うちのノーパソにはMIDI端子のないので、接続兼MIDI,USB変換ケーブルを買ったのだけど、このタイプのもの意外なほどお店で置いてない。リアルの楽器屋にはまず変換ケーブルがない。頭も尾っぽもMidi端子の普通のケーブルばっかり。いくつか回ったのだけどどこにもない。つかMIDIケーブル自体少ない。
ネットで見てもamazonくらいでしかないように思った。
んでもって、知らない分野で悩みたくなかったので純正品。安いものもあったが、使えるのかどうかはよくわからん。バックアップでレーテンシーは気にする必要ないから問題なく使える気がするが。





‐バックアップ編
MIDI-OX
option - pass sysExにチェックをつける
- midi device - midi input でUM-ONEを選択
- midi device - midi outputでUM-ONEを選択(バックアップのロード前に必要な操作)→OKをクリック
view - SysExで新たなウィンドウを開く
更に、SysEx-Receive manual dumpで待機状態にする。



Nova System
Menu-midi setup - SysEx ID:ALL(ロード前に必要)
- dump bank

dump bankするとSysEx Receiveに表示されてる数字が増えていきます。
終わったらDoneをクリック。



MIDI OX
2桁の数字が沢山出力されたの下画面(display window)で右クリックし、save as.
形式はSysExで保存








ロード編
Nova system
バックアップ編で書いた、ロード前に必要とつけた設定を行う(少なくとも書いたものは必須。他にも必要な操作があるかも)

MIDI-OX
  view - SysEx - file - send sysex fileでバックアップ編で保存したSysex形式のファイルを選択、開くボタンをクリック
 
 読み込んでいる間、Nova systemのディスプレイにMidi dump received preset/bankまたはMidi dump received systemと表示されれば成功。












関係ないが、Novaを外部機器でプリセット変更したい時は、Midi setup - midi chan :omni,prgchg.in - on,midi sync :onが必要かと思う。ちゃんと検証してないので微妙。他に必要要素があるかも








眠いのでここらへんで。

スポンサーサイト
エフェクター、ボード | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月から11月のボード変遷

時系列でいこうか

ボードに関してあれから、また一迷走しました。
ちなみに、歪みに関して目指しているのはB'z松本さん(99年以降)とか、VAIとかその系統です。


・歪み編

歪がultra drive(9月時点で)

バンド演奏で録音したら、聴き心地悪いこと。歪みすぎ。もはやファズ。高域もちょっと痛い感じ。

TS9DXmodと、hustle driveをどっちも入れて様子見。手前でmicro ampでブースト。

どっちも( ・∀・) イイネ!。ただ、TS9DXmodに手前でブーストかけるとノイズが目立つね

hustle driveに戻ってくる。

でもやっぱ何か足らない。抜けも今ひとつだし。つか、pacifica usa2、コイルタップ修理してから歪ませた時のハムのノイズ多すぎない?てか、ギターの問題か?と思う

ギター変更JEM7v再起。PU調子悪くて長いこと修理中だったから、今年度なってから初の本格登板。

やっぱ予想通りいい感じ。君に決めた。
hustle driveもアンプの歪みと遜色ないし。

後に、さらなるコンパクト計画で、歪みの前につけてたブースターをAmtのllm-2(ボリュームペダル)のブースト機能で省略。


ざっとこんなとこ

他、マーシャルのイコライジングは10を起点とするようにしたら、輪郭が出やすくになったように思う。
JCと違って、0,5.0と5,10,5では結構違いが出る。

あと、マーシャルクランチチャンネル使用時に歪みエフェクターで歪を作るとなると、ゲインをごく小さくしておかないと、歪んじゃってソロの音量アップが出来ない。でも、小さくしすぎるとほかの楽器に負けてすぐ聞こえなくなる。




・その他、ボード全体

飛び道具たくさん取り入れたい+Nova systemが挙動不審だから変えようかな(気まぐれに突然再起動するようになった。プラグ類はちゃんと刺さってる)




俺、、、一度コンパクトたくさん入れてみたかったんだ!




ボードが、、、でっかくなっちゃった!(古い






以下省略









・全体像

ライブ3日前までこれ
ボード131115

LLM-2(Volume Pedal兼ブースター、amt electronics)

chi-wah-wah(Wah、plutnium)

GEC8(スイッチャー,moen)

tuner out
Polytune noir(チューナー,TC)

loop1
NS-2(ノイズリダクション、Boss)
→ループ:hustle drive(オーバードライブ,mooer)

loop2
Spark mini booster(クリーンブースター,TC)

loop4
Loop gate(面白いもの,Z.VEX)
→ループ:Zoom MS100BT

loop7
Shim verb(リバーブ、mooer)

output

DD-20(ディレイ、BOSS)

SL-20(スライサー、BOSS)

サプライ:ex-pro ps2



ライブ3日前に変更したのがこれ
IMG_0754.jpg


LLM-2(Volume Pedal兼ブースター、amt electronics)

chi-wah-wah(Wah、plutnium)

GEC8(スイッチャー,moen)

tuner out
Polytune noir(チューナー,TC)

loop1
NS-2(ノイズリダクション、Boss)
→ループ:hustle drive(オーバードライブ,mooer)

loop2
Spark mini booster(クリーンブースター,TC)

loop4
Loop gate(面白いもの,Z.VEX)
→ループ:Zoom G2



output

SL-20(スライサー、BOSS)








重くて、持ち運びしんどかったので(特に上の写真の時)、1回目のスタジオで組み直しを決意しました。笑



見た目が汚いのはしょうがないです笑
パッチケーブルが足らんくてありあわせなんです

使用上は問題ないです。あーでも、全部ソルダーフリーにしたいーーーーー








とりあえず
ボードについて解説。


まず、nova systemを一回外すことを計画した時点で、コイツにやらせていたいろんなことを、またいろんなやつに割り振るところから始まりました。
クリーンブースターやリバーブもまた新たに買いました。
今回hustle driveとNS2とchi-wah-wah,polytuneは持ってたやつで、あとは新入生。

で、結局思うほどいろいろは入れられないことがわかった。ほんとはわーみーとかエクスプレッションペダルとかとかも入れたかったんだけど笑
勉強代はちょっと高かった。

そうそう、わざわざloop4を使ってるのは、3だと2とシールドがぶつかっちゃうからです笑
新しいのかえない以上、パッチケーブルの形選べなかったんで







では個別に
新しく入れたものについて、それぞれ買った経緯と使用感、解説








・パッチケーブル

ホントは全てソルダーフリーのコンパクトな奴にしたかったのだけど、限界額に達してしまい←、10本だけ買ってあとは有り合わせに(^_^;
スイッチャー使うと一気に必要なパッチケーブルの本数が増えちゃって堪らない。
種類はごちゃごちゃ、半分位providenceの廉価版。5,6本free the toneのソルダーレス。ほかフラットな端子のパッチケーブルいろいろ、live lineの30cmなど。
そうそう、free the toneのソルダーレス。イマイチシールドの構造に疎いからかわからないけど、割と最初組み込みうまくいきませんでした。失敗してもケーブルは余ってるからダメージはなかったけどね。
L字の方は構造上しっかり突っ込むと思うのだけど、ストレートの方は緩くしがち。
失敗作はだいたいそこを改善したらでうまくいった。
それでもめんどいと思ってしまう僕でした。だって高いのにめんどいなんて...←








・ケース
最初は50*30(cm)のケースだったんだけど、これは75*30
持ち運びしんどいからでかくしたくなかったのだけど大きくなっちゃいました。
だってたくさん入れたいんだもん←





・スイッチャー
あととうとう導入してしまったスイッチャー。
moen GEC8。
最近出たばかりの新製品。
モノは悪くないです。音も不満ないし、操作性もいい。んでわりかしコンパクトで高くない(2万ちょい)。
ただ、4チャンネルはちょっと物足りない。
クリーン、歪み、歪み音量上げ、で三つ取られると、zoomやリバーブを使うチャンネルが残らないし、それぞれ歪みかクリーンかの選択も考えたらなお少ない。たいていは4つで足りるけど、たまに足りない。
だからって、バンクを変えてプリセット選ぶ、というように二回も踏むのはなんかいやです。何のためのスイッチャーさ、それって思っちゃう。


これのために、最初ディレイはループから外しちゃいました。お金なくてケチったパッチケーブルの本数的な問題もあったけど笑
まあ、ディレイはもはや飛び道具だからいいのでした。
最後は外しちゃったけど。





・DD-20
これはディレイですが、欲しかった代物。こいつがあれば布袋さんのヘリコプターやターターターターみたいなディレイサウンドをフレーズの中に組み込めるんじゃないかと思ってた。
ただ結果的には、こいつで曲中に特殊効果を組み込もうとするのはかなり難しいというか無理でした。


其の考察過程ですが
注目してたのは、warpとtwistって機能。
理想は、ディレイサウンドなしの状態から、すぐに特殊効果が出せるようになること。
ギターソロの間に特殊効果をコンパクトに組み込めたら最高だった。




で、まずtwist
これはon中だろうとoff中だろうとペダルを踏み続けるとディレイ音?が発振し始め、どんどん早くなるというもの。離すと、遅くなってく。(off中に踏み続けると、一回オンになってから、踏みっぱなし状態になる。ちょっと始まりが遅くなる。)
ただ、これ効果がわかるようになるまでが踏みっぱなし状態になってから結構遅い、でそれは設定じゃどうにもできない。
この時点でフレーズには組み込めない。


発信音の音も割と小さく目立たない。バンドで使ってみたけどやっぱり抜けが悪い、というか反応が無いように聞こえる。発振音がなってるかどうかわからない。

あとonにすると、普通のディレイがかかってしまう。でエフェクトレベルを最小にすると、ディレイ音ならないが発振音もならない。
つまり、これを使うときは直前にディレイを鳴らしてないといけない、ってことで、フレーズに組み込めないのでした。






warp
これは左スイッチを踏んでいる間、ディレイ音がフィードバック100%で返されるもの。繰り返したいフレーズの始まりから踏んで、すぐギターの音出しをやめ、後は満足するまで踏み続けると○。左スイッチを離すとその瞬間から、設定した通りのfeedback,e.levelで減衰していく。

これはtwistよりはまだつかえる
エフェクトレベル最小にしておけば、エフェクトをオンにした状態にしておいてもディレイ音はならないし、使いたいときに踏みっぱなしで効果をだすってのが可能。
ただ、やっぱり音が小さい。だからといってエフェクトレベル上げちゃうとエフェクトオンにしっぱなしなので普通にディレイが起こってしまう。

でエフェクトオフ時から踏みっぱなしでも効果は出るんだけど、始まりが遅れる。でその始まりに合わせるのはちょっと現実的じゃない。演奏中でこれはリズムもずれるし。

せめて、warpの音量を設定できたらなあ。つか、warpとtwist時はディレイがかからないようにして欲しかったな。これでは飛び道具としての本領があまり発揮できないし。


後に、GT100の飛び道具スイッチ欄にこいつら2機能が入ってることを知る。これはどうなんだろうな。ディレイに付随してない分、使いやすそうな気がする。

※下の写真のボードから消えてるように結局外しました。今回のライブ普通のディレイを使う必要がなかったというのもあるが、当初の目的だった「曲中の飛び道具」としては使えなかったので。なんか色々惜しいこれ。
普通のディレイとしては、ほぼなんでもできるし、ディレイタイムのデジタル表示(bpm,ms表示)もできるし、大きさ以外で不満に思うことはないように思います。





SL20
最初はパンナーついてるエフェクターを探してた。

ライブでギター一人だから、どうせだったら、ステレオにしてみようかと思った。上モノがギターしかないのに定位が変わらないのはあんまり面白くないように、人のライブ見てよく思うので。
まあ、paにめんどくさがられやすいみたいだねぇ。説得するのめんどいなあ。
ライブハウス側はどこにいても同じように聞こえるようにpaするというのが理想みたいだけど、多少それが崩れても音の定位が変わる方が面白いと思うんだけどね。音が聞こえなくなったり著しくバランスを崩すわけではないし。

 nova systemにはついてるから、nova modulationにあるのは分かったしそれでもいいかなって思ったのだけど、パンナー付けるんだったらステレオだからループに入れられないかつ、ループ出た後にしなきゃならないしほぼ一番最後にすることが決定になる。
そうすると、ほぼパンナー専用機になってしまうからちょっと悩んだ。安くないし。いや、マルチモッドマシーンの中では安い方だけど。
あとNova modは電源が12Vなんだよね。それも悩みどころだった(結果的には12V使えるサプライになったけど)

 でパンナーありそうかつライブでやる曲のイントロパターンの再現ができそうなSL20を買ってみたのだけど、ただのパンナーにはならんことを知る。設定を極端にしても、必ず聞いてわかるようなスライスが入る。
これで結局、answer(片桐烈火)のイントロ再現くらいしか役目無くなったのでした\(^^)/
出番少ないくせに場所取りすぎ笑


 あと、リズムパターンもプリセットからしか選べないのは割と期待外れ。テンポがbpm表記されない、プリセットの保存ができないのはもっと期待外れ。
テンポのデジタル表示、プリセットの保存、リズムパターンの打ち込みができたらかなり素晴らしかったんだけどな。

まあ、ほかにこれと同じようなエフェクターってないから他に選択肢はないのだけど、再現性があまりないので更に使える場所が少なかったのは残念。こうも出番がないとボードの場所をとるだけになっちまう。大きいし。

midiでリズムマシーンと同期、ってのはできるみたいだけど、ちょっと違うニーズだ。






・サプライ
当初12,3個9VDCを使いかつ、zoomのms100btも組み込む予定でいたので、サプライもいろいろ候補に挙がりました。

まず条件は9VDC12個以上、2000mA(ms100は消費電力500mAで高いのが主な要因)、あとzoom ms100btがアナログエフェクターとのサプライ併用でノイズが出るっていうレビューがあったのでそこら辺の対策(具体的にはグラウンドが分けられる)されてるもの


ちなみにそれまで使っていたのが、maxon ps2でこれは9vdc outが7つ。




で現実的な値段範囲での候補が

vocu Baby Power Plant Type-C
maxon pd2
Crews DC-TRAIN 0909 二台



どれも計2000mA出力で12個以上9VDC出力があります。



特徴ですが

vocuはこれ一台で2000mAと12個dcoutを備えています。またとても小さく場所をとりません。(ほかの二台はサプライを二つつなげる必要があります)
またアダプターは二つになりますが、これによりグラウンドがわかれており、理論上はデジタルとアナログの混在によるノイズは防げるはずです。
しかし、大量につなげるとかなりサプライがかなり熱くなるらしいです(公式サイトによると2000mAで70度、サプライは故障しないようですが触ったらやけどするし、他の機材が壊れそうで怖いですね。)


maxon pd2
これは、ps2を持っている人のための拡張パーツです。ps2自体がアダプターとpd2をセットにしたものなので、そこにもう一つpd2をつけることによってdcoutを13個まで増やせます。
グラウンドが分かれてるかは不明。おそらく分かれてない気がする。
ただ、使ってて今までノイズに困ったことはあまりないので大丈夫かなって気もした。zoomのg2とその他歪みやワウとか混在させたことあったけど、特に問題なかったし。
あと、こいつですむなら非常に安上がりでした。ps2持ってるから6500円で済む
ただ、pd2二台になり割と場所をとります


crews DC-TRAIN 0909
これは、機能的にはmaxon ps2と結構近い。総出力はどちらも2Aまで。
また、maxonのpd2のようにDC-TRAINを二つ使うことで出力数を拡張することができます。

違いは
出力数:これ一つで9V:6つ、15V:1つ。(maxonは9Vが7つ)、また出力を増やすときには、ACアダプタが繋がってる方のDC-TRAINの15Vを使ってもう一つのDC-TRAINにつなぐことになります。

maxonとの違い

繋げた2つのDC-TRAINは独立レギュレートになる。

出力:1出力につき300mAまで(maxonはおそらく1出力だけで2000mA出すことは可能。合計2000mAに収まればいい)

大きさ:結構小さい。maxonもそんなにでかいわけじゃないけど。

値段:maxonが8000円ちょいに対して、DC-TRAINは13000円程度
加えて、DC-TRAIN2つ買うのはちょっと値段がつらい。





VOCUはめっちゃ熱くなるのが怖い(結構ボードぎゅうぎゅう詰めの予定だったので尚更に)、
maxonは独立レギュレートじゃないし(まあzoom g2やms100とワウやmooerの歪み併用しても特に問題なかったけど)、大きさにしてもps2とpd2どっちも入るか微妙。
DC-TRAINは、2つ買うお金が既になかった。あと、1出力300mAまでだと、zoom ms100は500mA必要なので結局入れられない。



まあVOCUにしとけばって感じでしたが、いまいち踏み出せない。。。。







そんな時に、ふとヤフオクをみたら、ex-pro ps1が15000円なのを発見!
ワンランク高い定価だったので、考慮してなかったのですが、ここにきて候補入り。
終了日時がその日だったので速攻で落としました。
出力も2Aだし、出力数9Vだけで12個ついてるし、ノイズ対策されとるしらしいし、おまけに12Aまでついてる。
素晴らしいわ。。。って思ってた。


まあノイズ対策は万全っぽいこと書いてあるし、大丈夫だろう
と思って落としたのですが、
1・初期ロットは総出力1Aまで。どっちもps1名義。紛らわしい。。。
2・特に独立レギュレートではなさそう笑

でちょっとヒヤリとしました笑
ちょっと、これ、中古とはいえそれでも高いんだぞ。次のライブに間に合わなくなるからやめてくれよって笑





1は大丈夫でした。ちゃんと2000mAoutって書いてありました。
2は多分独立はしてないんだろうね。ex proのホームページを見る限りでは。
ホームページでデジタルとの併用でノイズ出る時のまた別の対策について特集してて、なんか新たに別の器具を使ってたし。
でも、なんかzoom ms100とアナログ系を併用してもノイズは出なかったのでおk。
多分、独自のノイズ対策が効いているんでしょう。わからんけど。
関係ないとは思うけど、エフェクターへの接続状況。zoomにはexpro,ps1についてるケーブル、他のアナログ系はまとめてmaxonのケーブルにex-proの分岐ケーブルをつけた。
なんかex-proの電源ケーブルは他のそれとちょっと仕様が違うように思うので一応メモ。
ひょっとしたら、これが原因。。かもわからないし。





・空間、飛び道具系
zoom ms100bt+ mooer shimverb

zoom g2


本当は、strymonのmobiusとかほしかったのだけど、すでに予算がいっぱいいっぱいだったのでzoomになりました。

で最初はms100。エフェクトたくさん入ってるし、スイッチャーの1プリセットをzoomに充てて、飛び道具空間プリセットってことで、ms100のプリセットを変えりゃいいかなと思ってた。どうせ、スイッチャーは一バンク4プリセットしかないので。クリーン、歪み、そろ用で3つ使ったら+あと一つしかないし。


ただ、こいつはプリセットの切り替えが足だけではできないことを結構後で知って、結局G2になった。
色々変な音出そうかと思ってたけど、結局G2で出せる範囲でどうにかなったし、ライブで使えないとしょうがないしね。いちいちライブ中にしゃがんでms100のプリセット変えるなんてことしてたら、絶対ミスるね笑

ソロ時のリバーブもこいつでいいかと、shim verbも消えました。












ひとまずこんなところですかね。
とりあえずこれ(写真下)で11/27ライブしてきました。ライブの話はまた次回。眠いし。



まあこのボードもあと一週間です。もう一回ライブもするしそれまでは。
あまりに重いので、試行錯誤しながらこれらのボード案考えてる間に、つぎのボード案も考えちゃいました笑

次は、nova systemをmidi制御する予定。
つか、そのまえに、nova system 修理出さないとな。
使ってる最中よく勝手に再起動しだす。ちゃんとコンセント刺さってるのに
ボタン押す動作するときに限らず、電源つけて何もボタン押したりしないで放っておいてる時も起こる。
弾いてる時に突然音がプッツンと切れるのでびっくりする。これはなんなんだ。他の電源が理由でもないと思うんだよな。


ピッチシフターの音質こだわらなくていいなら、midi制御なんてせずにBossのGTとかその他ループのあるマルチで十分な気がするけど、ピッチだけはシビア。特にzoom系はms100は最新の方だと思うけど、ピッチばかりはレイテンシーもちゃっちさも目立った。g2も同じ。
そこらへんがnova systemにこだわりたくなってしまう理由かも。レイテンシーも、ピッチ検出の精度も悪くないように思った。無音状態で小さくリングモジュレーターみたいな雑音が入るのはちょっと微妙だけどまあ気にならない。小さいし。

あと、novaのピッチシフターなら、重ねる音を、1セント単位で設定できて、かつ+2音まで重ねられる。ディレイ具合も調節できる(基本はディレイなし)
これならやり方次第で、diminishやaugmentで重ねるとかもできるし、使わないだろうけど、ディレイ使ってアルペジェーターみたいなこともできる。

こういうの好きだわ。



あとはなんて言っても、本体の大きさが小さい。
GT100にしたらボードは小さくならない。きっと歪は外付するし。
めっちゃギター上手い人がこれでいい感じの歪み作ってたことはあったんだけど、抜けが悪かった。
他ギター講師が使ってた時には割とシャリシャリしてたり、やっぱりつくりにくいのかなって思った。


話ずれるけど、
なんかボスやマルチの歪みって、元のギターの音がどうであれ同じようなものを作るような、いわば型にはまった使いやすい製品ってイメージがある。
ギター自体がいいもののであれば、製品じゃなくて味付けぐらいの歪みの方がよくなると思ってる。無個性とか言われる普通のアンプライクオーバードライブが好きです。少なくともJEMにはそういうのがあってる。こいつは、直アンで最高の音を出すので。今のところmooerのhustle drive。fulltone ocdとほとんど同じ。





この記事書くのに2週間ぐらいかかってしまった汗

エフェクターボード | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。