きーすギター備忘録

ギター関係の個人的手記。主観メイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

jeminiの使い方模索、位相反転?

はじめまして!
こんな時間にブログなんか開設して明日何時に起きるんでしょうかね(この行書いてる時点で午前の4:23)




最初は僕の使ってるjeminiを模索する話です



このエフェクター、
回路的にTS9とDS1がニコイチになったようなエフェクターらしく
(※個人的に赤チャンネル(DS1)に関しては、jeminiの方が低音が強いように感じる。使ったこと無いけどkeely modがみたいな感じなのかなと思ってる。低音が強くなってるらしいし、Vaiがjeminiの前に気に入って使ってたものだし。TS9はオリジナルを試したことが無いです。でも確かに試奏動画で聴いた限りは近いです)

あの奇抜な柄のディストーションを使って何とかいい音が出したいので、今は用途を模索中なんです





まず基本方針は
一番簡単なのはVaiと同じ使い方をすればいい
ってことです。そのためのペダルなんですから。


詳細は
内封のブックレットや
例のjeminiのVai本人の試奏動画(なかなか面白いですww。邦訳字幕のは最近見つからないのですが)
にもありますが、



左チャンネル、緑(TS9)はcarvin legacyのleadチャンネルでブーストとして
右チャンネルの赤(DS1)はcarvin legacyのcleanチャンネルにつかう



carvinは2チャンネルもつタイプのMarshallで代用するとしてます
アンプヘッドは買いたくないし(持ち運ぶ気になれないし)
これならスタジオにもよくあるしね



でそれぞれいつかのヤンギに書いてあったVaiと同じくらいのセッティングで(アンプは違うけど)挑んでみました

アンプはMarshalljvm2000
アンプはつまみはT:4 M:8 B:4でリード、クリーン共通(共通なのは仕様、ヤンギに書いってあったのはMが6.5。ちょっと動かしました)




・緑+リードチャンネル
これは試奏動画でVaiは単音リードを弾きまくってました

実際にやってみるとバンドサウンドでも抜けの良く、かつそれなり歪んだサウンドに出来ました。。バッキングでもこれは使える!(ただ、わかると思いますけどこれを常用するとすると、クリーンサウンドと併用するときにスイッチングが面倒くさい)




・赤+クリーンチャンネル
Vai本人は試奏動画で、歪ませてアルペジオを弾いてました

これも実際にやってみると、雰囲気は好きなんですけど、バンドサウンドではなかなか抜けない。
バッキング然り。
緑と差は歴然。違和感もないけど音程感が感じられない。
これってやっぱ、ブーストの中音域パワーなんだろうか‥


あとあのチリチリとした倍音が音の細さを感じさせます。


確かにDS1は抜けない印象はあった
けど、セッティングしだいでどうにかならないかなとね、ネット中を探してたわけです
つか、アンプのMIDは10にしても抜けないんだからなんなんだと。
だから、Vaiやjoe satrianiは基本一人でリード弾いてるからDS1のヌケの悪さを気にしなくて済むんだろうかと思ってました。

で、結局本屋で立ち読みしてる時に気になるトピックを見つけました。


システム構築マニュアルって本

これはいい本です。

題名だけ見ても面白くなさそうですけど、音作りを考えるための知識が得られます。
しかもわかりやすい



ここに位相反転に関して書いてありました。
いや、高校で物理では位相とかやったんですけど音抜けと結びつけるなんて考えたことなかったですね。
だいたい、音抜けって言うと出てくるのは、マスキングと高音域、中音域ブースト、それぐらいですからね・・・




やっといま話したいことの前置きが終わった(疲



・・・・

もう朝なんで、また続きは今度
スポンサーサイト

エフェクター、ボード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペグの取り付け | ホーム |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。