きーすギター備忘録

ギター関係の個人的手記。主観メイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

小型ボードの完成系(たぶん)

最近、ただの機材ブログになってるこのブログ。
実生活はライブも月に複数回のバンドも数えきれないみたいな感じで充実してます。本当に院生なんでしょうか...? でもちゃんと学校にも行ってますよ、忙しい.....


何も書かなかった間にボードもちょっと変わったので、空いた時間に更新更新....。今は徹夜しちゃってねないために書いてたり。
ボード201511月


こんなです。
Drop(Digitech)←NEW!

polytune noir(TC Electoronic)

chi-wah-wah(Plutnium)

G1onX(Zoom)


SLIP(BANANA EFFECTS)
 loop
  Zoom MS100bt
  ↓
  Spark mini booster (TC Electoronic)
 loop out

out
※inとoutにMinimal Series Pedal Board Junction Box(one control)←NEW!





○エフェクターの解説とか
※G1xon、chiwahwah、polytuneは前々回
SLiP、Ms100btについては前回
の記事にて。

・Drop(digitech)



 ギターの音を下げるエフェクター。半音下げから3音半下げまで半音ずつ下げられる設定と、オクターブ下げ、原音にオクターブ下の音を追加できる設定があります。モーメンタリーモード(押してる間だけオン、またはオフ)にもできます。モーメンタリーモードにするには右側のタップスイッチをonにすればいいのですが、エフェクターがオンの時にこれをオンにすると「押している間だけオフ」のモーメンタリーモードになります。
 主な用途はダウンチューニングのため。自分もそう使ってます。
普段レギュラーチューニングのフロイド使いなので、半音下げはじめダウンチューニングの曲とかコピーするのが面倒でしょうがなかったのですが、これで解決。
これを機にBloodmeatでもコピります。

 使い心地ですが、多少レイテンシーはあります。弾いてるとまあ感じますが、酷いものではないです。余裕でスタ練で使ってます。
音質はほぼ同じです。半音、全音下げ程度で後ろで歪ませでもしたらまずわかりません。クリーンもほぼ同じように使えます。弾いてる人はわかるかな?程度のもの。

 また、原音にオクターブ下げを追加するモードでモーメンタリーにして普通の曲で使うのも、突飛な音の割に結構汎用性あります。8, 90年代の音によくあるやつ。boowyの曲で使ったりしました。
zoomの G1xonで空間系のパッチ増やしすぎると後で切り替え動作めんどくさいので個人的にはありがたかったり、ちょっとだけだけど。



・Minimal Series Pedal Board Junction Box(one control)
小型の簡易ジャンクションボックス。
僕、長いことジャンクションボックスの存在意義が全然わからなかったのです。プロみたく頻繁に機材入れ替えたりしないし、配線が長くなり音質が下がり、重くなるだけじゃねって。
ただ、最近、シールドが刺しにくかったり、ライブ中ボードの上にシールドが鎮座してて邪魔だったりしてて気づきました笑。ああ、そういうことなんだなって。あとそれらが解決できるに加えて、毎回うまく邪魔にならないようシールドの刺し方を考える必要もなくなるってのもありますね(ボード一杯に機材を詰め込みまくる機材厨あるある)


・その他
あと箱部分にエフェクター固定用のスポンジ入れたりしました
ボードスポンジ
ジャンクションボックスもいれたので、持ち運んでも崩れないよう固定することにしました。
でも、市販のスポンジをボードの大きさに(気持大きめ)切って入れただけです。勝手にはまってくれてるのでテープとか使ってないです。wahは台に乗っけている分背が高いので、そこだけはカットしないと入らなくて切ったけど。
以降、電車移動を何回挟んでも動くことはないです。



もう隙間もないし、やることもないし、改良するとなるとG1xonになってくるので、この大きさのボードはひとまず完成かな。




次はios系のエフェクター使ってもうボードとか持ち運ばないようにしようかなって計画してたり。あれ、フットスイッチもつけられるんですよね。
ただまだモーリー式wahはできないし、vol or Expペダルつけたらやっぱりボード持ってくことになりそうだなってちょっと悩んでたり。。。




では、いってきます。
スポンサーサイト

エフェクターボード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<iOSエフェクター(Jam up, Sonic port VX, irig blueboardのまとめ)追記20161016 | ホーム | 最近のボード、フリーズとラッチループ(飛び道具の追加)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。