きーすギター備忘録

ギター関係の個人的手記。主観メイン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

近況と練習状況

ちょっとご無沙汰でした

学校が始まり、ライブが近づき、色々勉強したり
気持ち的に色々切り替えるとちょっと疲れますね


ギターに関しては
基礎練に加えて最近はもっぱら指板の理解について練習中
他、練習中にどうでもいいミスを減らす方法を色々考案、実践中

リズム・トレーニングにつかってた100のフレーズはかなりだれてきたので74でお休み中
結構成果は得たつもりだし、他にも練習すること多いのでね。





練習中にどうでもいいミスをすることに関して

・まず演奏に集中できる状態をつくること

 これについては
 ・音色の整理(エフェクター類の切り替えの簡便化)
・音階の把握
 ・曲の練習して、ひとまずミスなく弾けるようにはしておくのが理想。

他にもあるかもしれないけどいますぐに思い出せるのとりあえず3点


音色の整理に関して

最近やっと自分の出したい歪みの音色が出せるようになってきたんですが
アンプもエフェクターも歪ませておくため、すぐにクリーンが出せなくてよく失敗するんですね。
マルチで全部切り替えるって手はあるけど、それじゃ元も子もない。アンプの歪みを利用するってのが今のところの答えというかやり方なので。
エフェクターはあまり歪ませないでおけば、アンプだけでちゃんと歪むかなあとか
エフェクターとアンプの切り替えを考慮するとかなり音量バランスそろえるのも難しい。
ギターのボリュームを絞ることも意識すると、頭がごっちゃになる。
演奏中に音量を上げたり下げたり大変です
その一環でボリュームペダルを買ってみたり
ただそれも、うまくミニマムボリュームを設定しなければならないので、他のに比べたら別にできるけど、音量バランスをどういうときに調節するのか不明確だとなかなか定まりません。

あと、VaiモデルとG&Lのストラト(ストラトにしちゃあ、太い音も出てくれるのだが)とで、音が違うというか歪みに対するレスポンスもかなり違うので、その音色整理にも結構とまどったり

あと、バッキングを太い歪みの音出してるつもりで録音した音聞いたら、割とストラトの音してたり。

ボリュームノブも硬いので、曲中にすっすと変えることを導入するのは結構危険


色々修正してます。

また最近、家でアンプの音をだす環境が整ったので、修正しやすいです。
ギター→エフェクター類→
プリアンプ系エフェクター(パワーアンプorミキサーアウトプット)→(Nova→ボリュームペダル)
→ギターDI(palmer009)
→MTR(パワーアンプ代わりかな)

プリアンプ系エフェクターは今のところたまたま家にあった
TUBEMANかAmt B1を使ってる
TUBEMANはミキサーアウトプット、B1は普通のアウトプットを利用
ちなみにB1のアウトプットはリターンに入れる用かと思っている。音も普通のとこ挿すとすごい音するし。
どっちも使える。







とりあえず直近のライブはG&Lのストラトで出るのでこっちを考えた結果


一曲を除いて、歪んだバッキングを必要とするので

基本、ローパスフィルターとアンプの歪む方のチャンネルでバッキングの音を作る。
リード時はループで音量を上げる(Novaのブーストか、ボリュームペダル)。歪みエフェクター(TS9つかjeminiの緑チャンネル)は入れなくてもいい。



基本歪みエフェクターは入れない。
パワーコードのリフが気持ちよく決まるくらい。
ローパスはかなり絞る。3~5とかかな。もっと下がるかな。
家の環境ではノイズがそこまで目立たない程度でパンクのバッキング(演るわけじゃないけど)が出来る程度の音は作れたので多分出来る。
歪エフェクターを入れないのは、ノイズが少ないG&Lとはいえシングルコイルにゲインのかかったアンプに歪み気味のブースターかますとかなりハウるため。スタジオで痛感した。
ライブハウスのアンプを当てにするしか無いので、どこでサウンドを決めるかは明確にしておきます。



歪んだ設定でクリーンぽさが必要な時は
・ボリュームノブを下げる
・ローパスノブを戻す
・コイルタップする
・アンプを切り替える

が考えられる。

急に2つも3つも変えられないので(少なくとも今の俺はミスるだろう)、
コイルタップだな、出来そうだったらアンプの切り替えも。
G&L USA,S-500コイルタップでのクリーンがいい音するんです。
ツェッペリンのライブ版を想起させます。

つかローパスを絞ってるからか、コイルタップしないと、いいクリーンの音が出なかったし






クリーンの音を出す曲は
・ローパスを戻しとく
・コイルタップしとく
・ボリュームノブを下げとくorクリーンチャンネルを使う

リード時は歪みエフェクタープラスかリードチャンネル使う。
基本歪みエフェクターを想定







メインテーマが終わった所で
音階の把握

タブ譜や場所の暗記にはできるだけ頼らないようにしたいのですが
まだ完全には出来ておりません。
ポジション把握したらミスらなくなるかと思えばそうでもない。
楽に通せるレベルには達しやすいけど。

ポジション把握しても、ナンバリングはまだ完全ではないから、
結局、練習か暗記しないと、弾けるの前に覚えるに達さない。
フレーズ練習は、できるだけ弾けるようになるために使うようにしたいのだが。やたら時間かかるし、忘れるし。


これはやり方次第で出来そうなんだけど、どうすりゃいいんだろう。。。。
これできるようになったら、少ない練習で曲を覚えて、ミスも少なくなるだろう。





・曲の練習して、ひとまずミスなく弾けるようにはしておくのが理想。
は全体の流れの把握において必要ではあるけど
今のところフレーズを覚えるのの埋め合わせ的役割が強いなあ。
技術的に弾けても、これに時間がかかると、しんどい。





・指板の理解
については
一応、音階の把握と兼ねるし、演奏の安定にも関わるけど
それ以上に演奏の自由度を高めるのに不可欠

今のところはメジャースケールを
5弦、6弦から上下
+2弦ずつ横移動
のポジションを弾くことで叩き込んでる。


また、モードではなくAvailable Noteを意識して弾くなら、ペンタが近道なので
メジャーペンタを上下に何パターンかくっつけて叩きこむ予定。





他、関係ないが
チョーキングで隣の弦に潜りこませても、爪と乗っかった弦が擦れる音が気になってて、これの対処法を考えてた。+タッピングで右手を動かすときにノイズを出さないようにすること。(※)

最初はチョーキング時に右手薬指で、隣の弦にタッチしておく。っていうのをやってたけど、ちょっと面倒だなと思ってて、とりあえずプロの演奏を参考にし
演奏する弦より下の弦はブリッジミュートするかのように触っとくってのが一つの対処法かなと思った(これはB'zの松本さんを参考にした。B'zの「春」のライブ版がわかりやすいと思う)
ただ松本さんのスタイルは、身長からして手があまり大きくないのにネックの太いレスポールを選びかつ丁寧に演奏することで、かなり演奏性は絞られてる気がする。昔と比べると音数も弦飛びやらトリッキーなプレイが少ないし。
それでも十分事足りてるけど。
出す音とプレイスタイルを突き詰めた結果なんだろうな。




Steve Vaiも基本は同じ様に思える
ただ、演奏スタイルが圧倒的に多様なので一概に言えない。
普通の速弾きではブリッジミュートスタイルが基本だけど、結構手の甲から手首、ほか左手の他の指も下の弦のミュートに使う
時と場合により、単音弾きながら全くミュートしないこともしばしば。でも明らかにおかしいノイズが出ることは少ないので、かなりしっかりノイズの出方、押さえ方を把握しているように思える。

同時にアーム使う時は上の弦なら右手手の甲から手首で下の弦をミュートしてたり、
下の弦なら、左手の親指を使っていたり、
ポジション固定で、アームを激しく使う時は、親指だけやら他の指を伸ばしたりして下の弦をミュートしているようにも見える。
タッピングの時は、右手の手の甲というより、手首らへんが下の弦に接していることもあった。
両手タッピングなら左手がミュートしてるようにみえたり、してなかったり。

また隣の弦に引っかからないようにチョーキングする、っていうのもやっているように映像を見てて思えた。
この時は例の回転チョーキング(横に動かすクラシックスタイルと縦に動かすロックスタイル(?。って言うかはわからないけど)を用いてる。







とりあえずブリッジミュートスタイルからかな。

つかブリッジミュートスタイル、始めてすぐだと、弾いてるすぐ下の弦をミュートしようとして、弾いてる弦もミューとしそうになる。
これはすぐにはうまくいかない。できるだけ自分の演奏を制限しないように考えつつもしっかり練習して身につけたいと思う。
これしっかりできるようになったら、演奏に自信もてるような気がするし、いわゆる上手い演奏になると思うんだよね

タッピングはもうちょっと実践してから考えようか


この辺が実用的な面から考えて割とすぐ必要。





※追記
チョーキングで隣の弦によるノイズを出さない方法には
隣の弦を爪に当てないように巻き込むのも、有効手段だな
スポンサーサイト

練習 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日の練習(+完成形ボード1) | ホーム | TC Nova systemトラブルシューティング(メモ)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。